田舎町でバイクに乗っていたのですが、仕事で首都圏に転勤になり、バイクと共に引っ越しました。

ところが転勤先では長期の出張が多くて、バイクは手入れもできず駐輪場に停めたまま。

バイクを売ることに決めた

このままの状態が当分続くと予想できたので、バイクを売ることにしました。

大手の買取業者に依頼したところ、翌日査定に来てもらえました。

依頼から時間があくと、決心が鈍るかもしれないと思ったので、スピーディな対応で良かったです。

査定の結果にびっくり

査定してもらうと、何度か転倒していた形跡があるとのこと。

長期出張に出ている間か、会社に行っている間かは分かりませんが、何かの原因で転倒したのでしょう。

自分が見た時には起きている様子しか見ていませんので、気付きませんでした。

転倒は減点

業者によれば、住んでいたマンションがビル風のひどいところで、カバーをかけておいたようなので、カバーが風をはらんで横転した可能性が高いということでした。

野ざらしよりはマシかと思っていたのですが、きちんとガレージなりを手配するべきだったと思います。

まとめ

①出張査定はスピーディ
②転倒は減点ポイント
③ガレージに保管するのがベスト